太陽光発電システムについて

遠賀町立図書館の電力発電設備は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との
共同研究契約(太陽光発電フィールドテスト事業)による、地球温暖化防止に適った環境に
やさしい屋根材一体型ソーラー
システムです。地球温暖化防止にためには二酸化炭素の
排出量を抑制することが有効とされています。太陽熱発電は太陽の恵みを受けて発電する
ことによって、結果として二酸化炭素の排出量を抑制すること
になります。ソーラー屋根の
面積は950平米です。近隣市町村では見られない大規模なものです。
太陽光発電屋根材一体型ソーラーシステムの採用によって図書館の消費電力費用の
10%〜15%程度節減が予測されます。

 
  
次へ